臭いわきが、今度こそ何とか対策しよう!

わきが対策には全く役に立たないだろうけど、僕のわきが歴を披露しよう。

はじめまして、わきが対策委員会、自称委員長のケンタ(♂)です。

 

生まれてからこのかた(っていうのはウソで異性を意識し出した中学生くらいからかな?)、
くっさ〜いわきがに悩まされ続けている僕です。

 

このサイトをご覧になっているあなたも、「わきが」でお悩みですか?

 

このサイトは、わきがに悩む僕の実体験をベースにした情報など、
わきがに悩む人にお役に立てそうな情報を集めましたので、
ちょっとお付き合いいただければ嬉しいです。(^.^)

 

さて、問題のわきがですが、こいつには困ったもんです。

 

小学高学年くらいの頃は、自分ちょっといい臭いかも〜なーんて思いっきり勘違いをしていましたが、
女の子を意識し出した中学生以降、自分自身も

 

「わきがってくせーな」

 

と明確に嫌悪感を抱くようになってから、完全な悩みの種になりました。

 

特に困るのは、やっぱり夏。

 

気分的に弾けたい夏にわきがのお陰で真に開放感に浸れないんですよ。

 

この気持、わきがに悩む人なら共感してもらえますよね。

 

わきがの原因は、別のページでちょっと詳しく取り上げたいと思うけど、
一番引き金になるのがニオイの元「ワキ汗」ってやつです。
(ワキ汗だけじゃ臭わないんだけどね)

 

夏の高温多湿の気候に身をさらすと、真っ先にワキ汗が気になります。

 

しばらくすると脇の下がじとーっとしてきて、「おーきたきたきた!」みたいな。

 

まったく待ち望んじゃいませんが、100%やってきます、このワキ汗ってやつは。

 

特にヒドイのは、脇の下がスースーしている時。

 

つまり、上半身裸はもちろん、ノースリーブの服(タンクトップとか)なんかを着ている時です。

 

これは自分だかかもしれないけど、Tシャツとかポロシャツとかを着ている時の方がまだマシです。

 

なんでだろう、理由はよくわからないけど、ホントそうなんです。

 

夏はタンクトップとかノースリーブの服着たいじゃないですか。

 

で、自分も好きで結構持ってるんだけど、躊躇しちゃうケースって結構あるんですよ。

 

クーラーで冷え冷えの場所にずっといるならまだいいけど、
そんなわけにはいかないことが多いですからね。

 

わきがの恐怖

夏に人前で手を挙げて、脇をさらす恐怖感といったらありません。

 

(だから夏に電車の吊革なんてつかまれない。)

 

どんだけわきが臭をまき散すんだっつうことです。

 

自分の体臭って自分は慣れているせいか、
かなり過小評価してると思うんですよ。

 

だから、多分他人にとっては、自分が想像している以上に
かなり強烈じゃないか、みたいな。

 

自分そうだし。

 

電車に乗った時なんか、すぐに気が付きますね。

 

「おっ、近くにわきがのヤツいるな」って。

 

ということは、相手も自分のことをそんな風に思ってるんだろうけど。

 

自分の場合は、正直男性よりも女性のわきがが気になります。

 

初対面でわきが情報がインプットされて、次に会う機会があったら、
「この人の今日のわきがの具合はどうかな〜?あんまり臭わないといいけど・・・」
ってわきがの状態が気になっちゃいますね。

 

これを読んでいる女性の方、気分を害されたら本当にゴメンなさい。m(__)m

 

これは、自分に対しても言えることなので、心しているつもりですが、
いずれにしてもこのようにかなりやっかいもののワキガです。

 

これをなんとかできれば晴れ晴れするんだけどな〜

 

ということで、これまで悩みながらといろいろと「わきが対策」を試してきました。

 

そして、最近かなりいい方法を見つけたので、ご紹介したいと思います。

わきが対策でこれまでやってきた主なこと

最近GOODなわきが対策を見つけた僕ですが、それをご紹介する前に、
これまでやってきたわきが対策をご紹介します。

 

「さっさといい方法紹介しろよ!」

 

と怒られそうですが、まあそう慌てずに。すみません。。。

 

最初に気になりだした頃に使ったのが、8×4(エイトフォー)。

 

かなりメジャーな商品なので使った人も多いんじゃないでしょうか。

 

僕が相当昔に使った頃って、パウダースプレーくらいしかなかった気がするけど、
ちょっと調べてみると今は結構商品ラインアップがあるみたいですね。

 

僕が使った時よりも、大分改良されて良くなったのかな〜

 

今の商品は評価できませんが、昔使ったパウダースプレーは正直あんまり効果を感じなかった。

 

シューって脇にスプレーすると脇が白っぽくなって、
パウダーのコーティングで乾いた感じになるんだけど、持続力があまりにもない。

 

しばらくすると普通にワキ汗かいて、というよりスプレーする前よりもワキ汗でベトベトに・・・

 

他の制汗剤なんかも使ったことあるけど、どれもあんまり効果を実感したことなかったな。

 

それからわきが対策というか、わきが対抗策って言った方がいいような気がするけど、

 

社会人になってやったのは香水。

 

「目には目を」じゃないけど、

 

「臭いには香りで」ということで、くさい臭いに良い香りで対抗しようとした訳。

 

よく欧米人は体臭がキツイから香水文化が発達したなんていうじゃないですか。

 

そんなこともあってか(多分ないけど)、一時期よくいろんな香水を使ってた。

 

でも香水というのも考えもの。

 

だっていくら良い香りと言っても、人によっては嫌いな香の場合は大いにあるし、
そもそも僕自信が香水の香をまき散らしている人(特に男)はどうにも好きになれなかった。

 

しかも、わきがと香水が混じり合うと、それは何とも言えない臭いとなるわけです。

 

朝出掛ける時は付けていった香水の香そのものなのでいいんだけど、
時間の経過とともに、わきがと混じり合い臭いは変化。

 

帰宅する頃には、これが元は香水の香りかと愕然。

 

ということで、香りで対抗するというわきが対策はいまじゃほとんどやらなくなった。
(たまーに香水つけることもあるけど、それはわきが対策っていうわけじゃなく)

 

他にやったことといえば、
「脇の下を清潔に保つ」ってことや「脇を露出しないように服装に気を付ける」など
改まってわきが対策とも呼べない基本的なこと。

 

そんなこんなで、満足の行くわきが対策ができなかったんだけど、
最近試してみてかなり効果を感じるものがあったんですよ。

これでわきがの悩みから解放か?

ここまでひっぱっちゃってすみません。

 

さて、最近自分としてはかなり効果が実感できた「わきが対策」って、

 

そう、デトランスαっていう商品。

 

(ようやく真打登場!?)

 

ネットサーフィンしていて見つけたんだけど、もう結構有名な商品みたい。

 

医療先進国デンマークで開発されたらしい。

 

デンマークが医療先進国かどうかなんて知らないしどうでもいいんだけど、

 

まあ体臭のキツイ欧米人に愛用されている商品なら、それなりに効果があるじゃないの

 

っていうことで購入してみた。

 

日本製ではなく海外発送のため、商品到着まで2週間程度かかるということだったけど、
1週間もしないうちに商品が届いた。

 

デトランスαが届いた

 

商品以外にカタログやいろんなチラシがあったけど、興味が無いので即廃棄。
(女性だったら、目を通すんだろうな〜)

 

肝心な商品はというと、25ml入りというからかなり小さい。

 

デトランスαが届いた

 

そして、「デトランスα 通信」という一枚の白黒の紙に、使用方法や注意事項が記載してあった。

 

デトランスαの使用説明書

 

なになに、使用方法を読んでみると

 

「最初は一日一回、就寝前に必ず清潔で乾燥したわきの下にお使い下さい。」

 

とのこと。(ほーっ、簡単でいいじゃん。)

 

梅雨に入り、湿気が多くてじめじめの蒸し暑い日、
やっぱり僕の脇の下からじわーっと嫌なワキ汗が湧き出て来る感覚を味わった日、
遂にデトランスαを使うことになった。

 

風呂に入って身体を洗い、脇の下は特に入念に洗って、さあ就寝前。

 

僕のわき毛ボーボーの脇の下にデトランスαをコロコロと全体に一塗り。

 

ちょっとするとほんの少しむず痒いような、ほんのちょっとピリッとするような感覚も。
(自分の場合、まったく気にならない程度だったけど、
口コミを見ると、強力な成分のせいか、かなり痒くなる人もいるみたい)

 

こんな軽く一塗りしただけで本当に効果あんのかいな??

 

と半信半疑ながら、その日は就寝。

なんだかワキの下の感覚が違う!

デトランスαを塗った翌日は、前日以上に蒸し暑い日だった。

 

その日は外出して、暑い中を歩かなくてはならなかったため、
デトランスαの効果を確認するにはもってこいの日だった。

 

梅雨の中休みで強い日差しが照りつける中、僕はアスファルトの上を歩き続けた。

 

「かなり蒸し暑い・・・」

 

いつもなら、そろそろ脇の下からじわーっとワキ汗がしみ出て来るはずなんだけど、
と脇の下に感覚を集中させるが、なかなかいつものようなワキ汗が出てこない。

 

そうこうしてると、デトランスαを塗った周辺部分だけがじんわりしてくる感覚があった。
(これはこれでなんだか変な感覚)

 

しばらくしてもデトランスαを塗った部分からはいつものような脇汗を感じることはなかった。

 

(厳密に言えば、まったくワキ汗が出なかったということはなかったのかもしれないけど、
いつもの自分と比較すれば全く汗が出なかったと言っていいレベル)

 

正直なことを言えば、多くを期待していなかったので、想像以上の効果で驚いた。

 

今日の様な脇の下の感覚でひと夏過ごせれば、こんなに快適なことはない。

 

わきがに悩む僕に一筋の光が差した思いだった。

 

ちょっと大げさか?でもこんな簡単に悩みから解放されるなら、嬉しいことは間違いない。

 

こうして、僕はデトランスαを使い始めた。

 

その後の経過報告については、別ページでまとめてるので、興味があれば見てみて下さい。

 

 

デトランスαの公式サイトで詳細を確認