お酒とわきが|わきが対策委員会

わきがでお酒好きには耳の痛い話

わきがかどうかは抜きにして、お酒は喫煙とともに悪臭の元とも言われる。

 

お酒好きの僕としては、困ったことだけど、酔っ払いのくささといったら、
しらふの時にはそれはそれはめちゃくちゃ不快なものだということは理解できる。

 

僕も小さい娘にしょっちゅう「お父さん、酒くさーい」ととても嫌な顔をされるし。

 

こんな風にアルコールは悪臭をまき散らす元凶になるけど、
なんでそうなるかと言えば、
まず挙げられるのは発汗の急激な増加です。

 

お酒を飲むとポカポカしてくるのはお酒を飲む人なら誰しも経験していると思うけど、
お酒は体温の上昇を引き起こし、血管を拡張させて、汗腺の活動を活発化させ、
発汗を増加させるという連鎖になる。

 

急激な発汗はニオイ成分が、通常の発汗よりも多く含んでいるので、
悪臭の原因になります。

 

もう一つの大きな要因がアルコールが分解されてできる悪臭物質です。

 

体内に入ったアルコールは酸化によって分解されるのですが、
主に肝臓で有毒なアセトアルデヒドに、さらには酢酸へと酸化していきます。
このアセトアルデヒドや酢酸が悪臭物質です。

 

アルコールは肝臓から、血液に乗って筋肉、心臓に移動してさらに分解されて、
熱を生み出して最終的には炭酸ガスと水になります。

 

アセトアルデヒドや酢酸は大部分はおしっこで体から出て行きますが、
一部は汗や息からも出るので、酔っ払い特有のくささの元になるのです。

 

このお酒の悪臭メカニズムにわきがが加わったらどうなるか?

 

想像しただけでも、ニオイ的にかなりマズイ状況になりそうなのは、理解できると思います。

 

このようにお酒がもららす悪臭の恐怖について説明しましたが、
お酒は適度に飲めば、ストレス発散になって、体にいいなんて話は聞いたことありませんか?

 

別のページでも「ストレスとわきが」について取り上げてますが、
ストレスって悪臭の一つの要因になるんですね。

 

そう考えると、お酒でストレス軽減できるなら、体臭にいいんじゃないか
という理屈が成り立つわけなんだけど、
たしかに理屈ではそうだけど、実際のお酒好きって

 

「適量にほどほどでストップ!」なんてことはまずできないので、

 

結局多くの人はストレス軽減によるいい影響よりも
悪影響の方が勝ってしまうということになっちゃうんですよね。

 

お酒好きの僕には耳の痛い話だけど、お酒はちょっとやめられそうにないです。
(休肝日くらいは作れますけど)

 

おすすめわきが対策クリームランキング

以下の3商品は商品内容は非常に似ています。
どれも日本製の医薬部外品で、わきがに対する有効成分が同一、無添加で天然由来成分を配合するなどして肌へのやさしさを追求しています。
以下のランキングはお求めやすさや・お試しのしやすさでどれだけユーザー目線に立っているかで、管理人がランキングづけしています。

第一位 第二位 第三位

クリアネオ

>>詳細を見る

ノアンデ

>>詳細を見る

ラポマイン

>>詳細を見る

詳細な商品比較は以下でご確認下さい。