デトランスαの優位性|わきが対策委員会

他の制汗剤との違いは何なのか?

日本にはたくさんの制汗剤が出回っているけど、
デトランスαは何が違うんだろう?

 

まず、
ヨーロッパの人たちに大人気の商品
だということ。

 

セールスページでは医療先進国デンマークで開発されている最先端の商品としているけど、
デンマークが医療先進国かどうかはどうでもいいとして、
体臭レベルがそもそも日本人と比較にならないくらい強烈な欧州の人に大人気商品というのが、
その効果が本物だという裏付けなんじゃないかと思う。

 

その効果に焦点をあててみよう。

 

市販されている他の制汗剤については、
肌の表面上にしか作用せず、汗腺の奥深くにまで、作用することができない。

つまり、制汗効果が下がり、持続力も低くなるっていうこと。

 

一方のデトランスαは、
独自の成分配合により、肌の表面と汗腺につながる管に直接働きかけて、
少しずつ汗腺の管を細くして、汗を出にくくする。
(汗腺を休止状態にする。)

 

デトランスαの効果

このことにより、強力な制汗効果が長時間持続する。

 

だから、使用方法にも記載されているように、
使い始め1週間は毎日就寝前に1回塗る必要があるけど、
その後は徐々に使用頻度を減らして、
最終的には週に1回程度でも効果が得られる
というわけ。

 

これらのことは他の制汗剤にはない優位性じゃないかな。

 

ある美容皮膚外科では患者さんに使っているくらいなので、
その効果は医者も認めているっていうこと。

 

他の制汗剤を使って効果を感じられなかった人は、
デトランスαを試してみてはどうでしょう。

 

デトランスαの公式サイトで詳細を確認