デトランスαの成分|わきが対策委員会

デトランスαの成分

「デトランスα 通信」には、デトランスαの成分が明記されていたので、ご紹介しよう。

 

アルコールデナ、アルミニウムクロリッド、アルミニウムラクタート、プロピレングリコル、
グリセリルステアラット、セチルバルミタット、スラミクロクリスタリン、トリイドクシステアリン

 

このように成分を書きだしてみたが、僕にはちんぷんかんぷんで、
上記の成分がどのような作用を引き起こすのかさっぱりわからなかったので、
できる範囲でちょっと調べてみた。

 

アルコールデナ

 

これは「エタノール」「エチルアルコール」のことみたい。
エタノールは医療では一般的に消毒剤として、殺菌・消毒などに使われているもの。
(関係ないけど、もちろんお酒にもね。)
デトランスαではもちろん殺菌という目的もあるし、揮発性があるので、
塗った後に乾きやすくするという目的もあるようだ。
それから、次のアルミニウムクロリッド(塩化アルミニウム溶液)は、制汗作用があるので、
病院で処方される多汗症の薬にも配合されているみたいだけど、
これは濃度が高いと肌をいためてしまうので、エタノールで中和させているらしい。

 

ということなので、注射の時の消毒なんかでかぶれたりする人は、
使用には注意が必要ってことだね。

 

アルミニウムクロリッド

 

これは別名「塩化アルミニウム溶液」ということで、上記でも紹介したけど、
医療用では制汗剤として使われていて、多汗症の薬にはだいたい配合されているらしい。

 

肌に刺激が強いので、エタノールで中和させているんだけど、人によってはそれでも刺激が強すぎて、
かゆみが出たり、湿疹になったり、という副作用が出る可能性があるので、
その点は留意しておかなきゃね。

 

継続使用すると、汗腺を細くして、汗が出にくい体質になるということで、
その成分が制汗剤の肝っていうところだろう。

 

アルミニウムラクタート

 

これは別名「乳酸アルミニウム」
肌への刺激を予防するらしい。
敏感な肌への不快感をなるべく抑えて、制汗作用を向上させるように配合されている。

 

プロピレングリコル

 

これは、食品添加物にも使用されていたりするし、化粧品、シャンプー、や医薬品にも使われている。
特徴としては、保湿と防カビ効果。

 

まあかなり一般的に使われている成分みたいだね。

 

とまあ、上記の4つの成分を調べて力つきた。
ということで、他の成分については調べきれなかったけど、
ネットの情報でみる限り、おかしな成分は入っていないと思う。

 

どこかのサイトでは、医者や薬剤師が「成分について問題ない」
みたいなコメントを出していたし。。。

 

ど素人の僕から言えるのはこの程度だけど、ご参考まで。

 

おすすめわきが対策クリームランキング

以下の3商品は商品内容は非常に似ています。
どれも日本製の医薬部外品で、わきがに対する有効成分が同一、無添加で天然由来成分を配合するなどして肌へのやさしさを追求しています。
以下のランキングはお求めやすさや・お試しのしやすさでどれだけユーザー目線に立っているかで、管理人がランキングづけしています。

第一位 第二位 第三位

クリアネオ

>>詳細を見る

ノアンデ

>>詳細を見る

ラポマイン

>>詳細を見る

詳細な商品比較は以下でご確認下さい。